丹波チーズ工房のBlog

大切なひととのおいしい時間を、丹波から

丹波チーズの食べ方🧀〜基本編〜

こんにちは!

 

「チーズを買ってみたいものの、どうやって食べたらいいのかな…」

というあなたのために、

今回は超簡単な丹波チーズのおいしい食べ方をお伝えできればと思います。

 

現在丹波チーズ工房では、

ソフトタイプの「サンマルセラン」と

セミハードタイプの「蔵熟成ゴーダ」という

2種類のチーズを造っていますので、順番にご説明します。

 

その前に!これはチーズセット内にも入っている、
丹波チーズの説明と食べ方のポイントが載っている案内です。(画像にタッチするとちょっと読みやすくなるかも…)

f:id:fukikeisuke:20200312204543j:plain

 

サンマルセラン

f:id:fukikeisuke:20191104103612j:plain

元々フランスのチーズで、現地でもサンマルセランと呼ばれています。

見た目から「クリームチーズ」や「カマンベール」を連想されるのですが、

すこし違いまして、これはジオトリカムという酵母が働くチーズなのです。

 

「最初はヨーグルトのような酸味があり、熟成が進むと、

表面からとろけていき、独特の香りとまろやかな味わいに変化する」

 

という感じです。この変化が酵母の力なんです。

 

超簡単なおいしい食べ方

出来立て~10日目までのサンマルセラン

8等分に切って、まずは一切れ。ミルクと乳酸菌の香りを感じてください。

 

そしてちょっとアレンジ!

ジャムや蜂蜜が抜群に合います。スイーツ感覚で、紅茶のお供にも。

f:id:fukikeisuke:20200312204602j:plain

 

11日目以降

写真は賞味期限(21日)も超えた27日目のサンマルセランです。(賞味期限以降は自己責任で熟成してください)

表面だけでなく、中までトロトロです。

f:id:fukikeisuke:20200312204545j:plain

サンマルセランを冷蔵庫から出して、20分ほどかけて常温に戻しましょう。

こうすることで、香りや甘味の広がりがとっても良くなります!

この間にお好みのパンをトースターで焼きましょう。

時間が余ったら私のYouTubeチャンネル見てください(笑)

常温に戻ったサンマルセランをお好きなだけトーストにオンして食べるだけ!

f:id:fukikeisuke:20200313080551j:image

 

・梅干しと

お客さんから教えてもらって意外だったのは、

梅干し」と相性いいんです。だまされたと思ってチャレンジしてください!

日本酒のおつまみになりそうです。ぬる燗やにごり酒も合いそうです。

私は手軽なので「梅入りのゆかりふりかけ」を使ったりします( *´艸`)

 

蔵熟成ゴーダ

f:id:fukikeisuke:20191028085118j:plain

オランダ原産で、チェダーと並んで世界で最も流通しているチーズです。

主にプロセスチーズの原料になっていて、クセのない穏やかな味わいが人気です。

 

一般のゴーダは3ヶ月~6ヶ月ほどの熟成で出荷されるところ、

丹波チーズ工房では丸々一年(12ヶ月)以上の熟成をしていますので、

味の深みが強く、香り高いチーズとなります。

あと、よく言われるのは、「後味がいい」ということ。

変な苦みもなく、食べた後も口の中に香りの余韻が残ります。ワイン🍷とぜひ(笑)

 

超簡単なおいしい食べ方

・そのまま食べる

ゴーダを冷蔵庫から出して、20~30分ほどかけて常温に戻します。

これで香りやうまみ、くちどけが良くなります。

お好みの大きさにカットして、そのままパクッと食べてください。

灰色っぽいゴーダの皮は、食べられますが、

ちょっとクセがあるので、気になる方は取り除いてください。

ただ、その香りこそが『丹波チーズ工房の熟成庫の香り』なので、捨てる前にちょこっと香りを確かめてほしいですね。

この微生物たちが働いて美味しくなったのかーと感じていただければ嬉しいです( ´ ▽ ` )

赤ワインでも、辛口白ワインでもよく合います。

f:id:fukikeisuke:20200313080806j:image

 

・トースト&グラタン

シンプルイズベスト!ベタですが、一番簡単です。

チーズを薄く切ったり、細かくすると、よりトロけていいと思います。

たくさんはもったいない!という方は、

7割市販のピザチーズ、3割だけ蔵熟成ゴーダを使えば経済的ですし、

ゴーダらしい香りも立つので、おすすめです!

加熱する場合は、ゴーダの皮も焼くと独特の香ばしい香りもつくので試してみて♪

f:id:fukikeisuke:20200313081956j:image

写真は嫁さんが作ってくれたグラタンです。

8割くらい我が家のゴーダを使っているそうです。おいしかった(^^♪

 

・粉チーズとして

この道具は「チーズグレーター」というらしいですが、要はおろし器みたいな感じです。(画像は拾い絵です)

ゴーダは固めのチーズなので、このように粉にすると、

食べやすくて、香りも最大限に楽しめます

f:id:fukikeisuke:20200312211546j:plain

粉にするときは、チーズを常温に戻すとやわらかくなっておろしづらいので、

むしろ冷蔵庫から出してすぐ使うといいです。

 

パスタでもサラダでも、食べる前にサラっとチーズをかけると、

まるでレストラン✨のようになりますよ!(笑)

 

我が家ではコレを買って使っていますよ~

 

 

 次回お楽しみに!

ということで、超簡単な丹波チーズの食べ方を書いてみました。

参考になりましたでしょうか?

今後も、私の嫁さんやお母さんの実際に作ったチーズ料理

どんどん紹介していきたいと考えています、楽しみにしていてください!

 

皆さんも作ってみた感想や新しい食べ方、

料理法などのアイデアがありましたら、

コメント欄かメールで教えてくださるとうれしいです。

 

先日、婦木農場ホームページやSNSでもお知らせさせていただきましたが、

丹波チーズの送料無料のお得なセットが販売開始いたしました!
f:id:fukikeisuke:20200312205511j:plain

👆ゴーダチーズブロックセット 4800円(税・送料込)

f:id:fukikeisuke:20200312205517j:plain

👆丹波チーズ工房セット 5000円(税・送料込)

f:id:fukikeisuke:20200312205530j:plain

👆自家産酒米の純米酒とチーズのセット 4900円(税・送料込)

 

もしよければチーズ販売ページをご覧くださいませ✋

こちらから丹波チーズ販売ページへ ←販売ページで下スクロールしてください

 

YouTubeも更新しています。チャンネル登録もお願いします!

youtu.be