丹波チーズ工房のBlog

大切なひととのおいしい時間を、丹波から

チーズの造り方プロローグ編

こんにちは!

メジャー挑戦を表明した筒香さんが、

私と同い年だということに驚きを隠せない今日この頃です。

 

今回はチーズの製造工程をプロローグ的にご紹介します。

f:id:fukikeisuke:20191030094602j:image

一言でいうと、牛乳からホエーを抜いたものがチーズです。

だいたい10分の1くらいになります。

100リットルの牛乳から10キロくらいのチーズができます。つまり90リットルはホエーです。

 

ホエーとは乳清とも呼ばれ、ヨーグルトの上澄みの甘みのある液体のことです。ウチはまだ再利用できてませんが、北海道ではホエーを集めて豚に与えて「ホエー豚」を育てていたりもします。

 

牛乳には脂肪とかタンパク質とかの成分が10%くらいあり、それを固めたものがチーズとなります。

 

では、チーズの基本と言われるゴーダチーズのつくり方です。

①牛乳を低温殺菌する

②乳酸菌を添加して発酵させる

レンネット(凝乳酵素)を添加して牛乳をかためる

④カードナイフでサイコロ状に切る

f:id:fukikeisuke:20191030100928j:image

⑤攪拌してホエーを抜く

⑥型詰めして重石をのせて成形する

⑦食塩水にいれて味付け

⑧熟成庫で出荷まで管理する

 

ざっと書きましたが、よくわからない言葉もあると思います。不思議な写真もありますよね。

今後1つずつ解説していきます。

 

 

ちなみにサンマルセランのつくり方も紹介しておきます。

 

①牛乳を低温殺菌する

②乳酸菌と酵母を添加して発酵させる

③少なめにレンネットを添加して牛乳をかためる

④固まった牛乳をお玉ですくって型詰め

f:id:fukikeisuke:20191030101041j:image

⑤型の中で反転しながら塩を振って味付け

 

途中まではゴーダとほとんど同じですね。

また続きをお楽しみに!

 

11/2(土)は道の駅おばあちゃんの里に来てね!

チーズ販売しますよ🧀

婦木農場では毎日販売してますので、お時間あるときに来てくださーい!